電子タバコ

【最新】タバコ代が節約できる電子タバコおすすめ人気ランキング34選

【最新】タバコ代が節約できる電子タバコおすすめ人気ランキング

紙巻きタバコを吸っている多くの方が一度は考えたことがあるタバコ代の節約方法ですが、おすすめはあるのでしょうか?

結論から言うと、タバコ代を節約する方法で最もおすすめの方法は「電子タバコを吸う」ことで、おすすめ商品は紙巻きタバコのような吸いごたえが特徴の「TARLESS NEXT(ターレスネクスト)」です。

本記事では電子タバコについての解説やおすすめ商品の人気ランキングをご紹介しますので、タバコ代を節約したい方はぜひチェックしてください。

目次

タバコ代を節約できる安い電子タバコがおすすめな4つの理由を解説!

お金を持っている手のイラスト

冒頭でタバコ代節約方法のおすすめは電子タバコであるとお伝えしましたが、なぜおすすめと言えるのでしょうか?

結論から言うと、タバコ代を節約できる安い電子タバコがおすすめな理由は4つあり「吸引回数が紙巻きタバコより多い」「タバコ税の増税による値上げがない」「ニコチン・タール0で健康的」「紙巻きタバコ代わりに吸える」からです。

本項目では上の4つの理由について詳しく解説していきますので、電子タバコについて知りたい方はチェックしてみてください。

おすすめな理由①:吸引回数が紙巻きタバコの3倍以上

タバコ代を節約できる電子タバコがおすすめな理由の1つめは「吸引回数が紙巻きタバコの3倍以上」である点です。

約2,000円で買える紙巻きタバコ4箱(80本)と電子タバコ用リキッド30mlを比較した時に、紙巻きタバコの吸引回数が約800回に対して電子タバコは約3,000回吸引が可能です。

商品や使用状況によって異なりますが、電子タバコは紙巻きタバコに比べて3倍以上多く吸引できるため、同じ価格帯の商品を使用した場合電子タバコの方が節約できるということが分かります。

おすすめな理由②:たばこ税の増税による値上げがない

タバコ代を節約できる電子タバコがおすすめな理由の2つめは「タバコ税の増税による値上げがない」点です。

日本国内で販売されている電子タバコは薬機法の関係でニコチン・タールが含まれておらず、法律上「タバコ製品」ではないためタバコ税の対象外であり、増税による値上げはありません。

タバコ税は2023年は増税の予定はありませんが、2024年以降の増税が発表されており、タバコ1本につき3円の増税が段階的に行われる予定となっています。

おすすめな理由③:ニコチン・タール0で健康的

タバコ代を節約できる電子タバコがおすすめな理由の3つめは「ニコチン・タール0で健康的」である点です。

前項でも少し触れましたが、日本国内では法律によりニコチン・タール入りの電子タバコ用リキッドの流通が認められていません。

よって、日本国内で販売されている電子タバコには基本的にニコチン・タールが含まれておらず、紙巻きタバコと比べて自分や周囲への健康被害が少ないと言えます。

おすすめな理由④:紙巻きタバコの代わりとして吸える

タバコ代を節約できる電子タバコがおすすめな理由の4つめは「紙巻きタバコの代わりとして吸える」点です。

電子タバコはフレーバー入りのリキッドを加熱し発生した水蒸気を吸って楽しむ商品で、使用感は紙巻きタバコや加熱式タバコに似ているため、タバコの代用品として使うことができます。

紙巻きタバコの代わりとして電子タバコを吸う場合は、吸いごたえがあるものやキック感の強い商品を選ぶのがおすすめです。

【カートリッジ式】タバコ代が節約できる人気の電子タバコおすすめランキング5選

電子タバコを吸っている男性のイラスト

前項でご紹介した4つの理由から、電子タバコは紙巻きタバコの代わりに吸える、タバコ代の節約におすすめの商品であることが分かりました。

本項目では、実際の電子タバコの人気商品の中からリキッドが入ったカードリッジを使用するタイプの「カートリッジ式」の電子タバコにスポットを当てておすすめランキングをご紹介していきます。

カートリッジ式の電子タバコに興味のある方はぜひチェックしてみてください。

第1位:TARLESS NEXT(ターレスネクスト)

カートリッジ式電子タバコの人気商品おすすめランキング第1位は「TARLESS NEXT(ターレスネクスト)」です。

ターレスネクストはそのまま吸うと濃密なミストとフレーバーを、付属のタバコカプセルを使用するとまるで紙巻きタバコのような渋みのある吸いごたえを楽しめる1台で、多彩な使い方ができる電子タバコです。

吸引回数は約3,000回で、1パフあたり約0.7円となりタバコより約1.8円節約できます。

TARLESS NEXT(ターレスネクスト)の値段・吸引回数

商品名 TARLESS NEXT(ターレスネクスト)
値段(税込) 1,980円~
吸引回数 約3,000回
充電時間 約1時間
サイズ 87.50mm×42.20mm×18.12mm
重量 67g
カートリッジの値段
(税込)
3,980円/2個入り
フレーバーの種類 全9種類

TARLESS NEXT(ターレスネクスト)で節約できるタバコ代

TARLESS NEXT(ターレスネクスト) 約0.7円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.8円

第2位:C-Tec(シーテック)

カートリッジ式電子タバコの人気商品おすすめランキング第2位は「C-Tec(シーテック)」です。

シーテックは紙巻きタバコのようなスティック型の電子タバコで、コンパクトなサイズ感や全てのフレーバーにビタミンCが配合されているのが特徴です。

健康志向の方や女性にも高い人気を誇っている上、カートリッジ1個あたり約400回吸引可能で1パフあたり約1.1円で、タバコより約1.4円節約できます。

C-Tec(シーテック)の値段・吸引回数

商品名 C-Tec(シーテック)
値段(税込) 2,530円(スターターキット)
吸引回数 約400回
充電時間 約1.5時間
サイズ 長さ:78mm×横幅93mm
重量 約15g
カートリッジの値段
(税込)
2,200円/5個入り
フレーバーの種類 全8種類

C-Tec(シーテック)で節約できるタバコ代

C-Tec(シーテック) 約1.1円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.4円

第3位:DR.VAPE Model2(ドクターベイプモデル2)

ドクターベイプ2

カートリッジ式電子タバコの人気商品おすすめランキング第3位は「DR.VAPE Model2(ドクターベイプモデル2)」です。

ドクターベイプモデル2は強力な吸いごたえとフレーバーの美味しさから、多くのユーザーから高い評価を得ている電子タバコとなっています。

カラーは3色から選べデバイスのデザインもおしゃれなので、ファッションアイテムとして持ち歩いても所有欲を満たしてくれること間違いなしです。

ドクターベイプモデル2は1パフあたり約1.1円で吸えるため、タバコに比べて約1.3円の節約が可能です。

DR.VAPE Model2(ドクターベイプモデル2)の値段・吸引回数

商品名 DR.VAPE Model2(ドクターベイプモデル2)
値段(税込) 3.980円
吸引回数 約600回
充電時間 約1時間
サイズ 108.5mm×18.5mm×8.6mm
重量 約19g
カートリッジの値段
(税込)
1,650円/2個入り
フレーバーの種類 全9種類

DR.VAPE Model2(ドクターベイプモデル2)で節約できるタバコ代

DR.VAPE Model2(ドクターベイプモデル2) 約1.1円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.3円

第4位:ZEROSTICK(ゼロスティック)AS

カートリッジ式電子タバコの人気商品おすすめランキング第4位は「ZEROSTICK(ゼロスティック)AS」です。

ゼロスティックASはカートリッジ1個あたり約250回の吸引が可能で、1パフあたり約1.3円で吸えるためタバコより約1.2円節約できる電子タバコとなっています。

ゼロスティックASの特徴は豊富なフレーバーで、中でも通常のメンソールの3倍の清涼感を感じられる「トリプルメンソール」は普通のメンソールでは満足できない方におすすめです。

ZEROSTICK(ゼロスティック)ASの値段・吸引回数

商品名 ZEROSTICK(ゼロスティック)
値段(税込) 1,980円
吸引回数 約250回
充電時間 約1時間
サイズ 93.3mm×15.1mm×18mm
重量 約37g
カートリッジの値段
(税込)
1,680円/5個入り
フレーバーの種類 全9種類

ZEROSTICK(ゼロスティック)ASで節約できるタバコ代

ZEROSTICK(ゼロスティック) 約1.3円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.2円

第5位:ReZARD Air(リザードエアー)

カートリッジ式電子タバコの人気商品おすすめランキング第5位は「ReZARD Air(リザードエアー)」です。

リザードエアーは人気YouTuber兼経営者のヒカルさんとAir mini(エアーミニ)のスタッフが共同開発した電子タバコで、おしゃれな本体のデザインと味わいが高く評価されています。

カートリッジ交換式なので経済的で、1パフあたり約3.4円で吸え、紙巻きタバコを吸うのに比べて約0.9円節約可能です。

ReZARD Air(リザードエアー)の値段・吸引回数

商品名 ReZARD Air(リザードエアー)
値段(税込) 5,980円
現在、本体のみの販売はなし
吸引回数 約350回
充電時間 約40分
サイズ 92.8mm×7.8mm×40mm
重量 約-g
カートリッジの値段
(税込)
1,200円/5個入り
フレーバーの種類 全4種類

ReZARD Air(リザードエアー)で節約できるタバコ代

ReZARD Air(リザードエアー) 約3.4円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約0.9円

【使い捨て】タバコ代が節約できる人気の電子タバコおすすめランキング14選

使い捨て電子タバコのイラスト

ここまでカートリッジ交換式の電子タバコの人気商品おすすめランキングをご紹介してきましたが、もっと気軽に電子タバコを試したいという方もいるでしょう。

そこで、様々な種類の電子タバコを試したい方や、もっと安い値段で気軽に電子タバコを吸いたい方におすすめなのが「使い捨て」タイプの電子タバコです。

本項目では使い捨てタイプの電子タバコの人気商品おすすめランキングをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

第1位:airis DRIP(エアリス ドリップ)

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第1位は「airis DRIP(エアリス ドリップ)」です。

エアリスドリップは「レインボーキャンディー」や「ストロベリーバナナ」などの甘いフレーバーが多いのも特徴で、甘いもの好きな方にうってつけの電子タバコとなっています。

エアリスドリップのコストパフォーマンスは高く、1本で約2,600回の吸引が可能なので1パフの値段は約0.5円となり、タバコと比較すると約2円の節約が可能です。

airis DRIP(エアリス ドリップ)の値段・吸引回数

商品名 airis DRIP(エアリス ドリップ)
値段(税込) 1,360円
吸引回数 約2,600回
サイズ 115mm×26.5mm×18mm
重量 約50g
フレーバーの種類 全10種類

airis DRIP(エアリス ドリップ)で節約できるタバコ代

airis DRIP(エアリス ドリップ) 約0.5円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約2円

第2位:Winx(ウィンクス)S35

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第2位は「Winx(ウィンクス)S35」です。

ウィンクスS35は吸引回数が約4,500回とたっぷり吸えるのが特徴の使い捨て電子タバコで、1パフあたりの値段は約0.5円、タバコより約2円節約可能です。

ウィンクスS35は独自の構造により電子タバコにつきものの液漏れを完全に防止しているため、気軽にポケットやカバンに入れて持ち運ぶことができます。

Winx(ウィンクス)S35の値段・吸引回数

商品名 Winx(ウィンクス)S35
値段(税込) 2,480円
吸引回数 約4,500回
サイズ 77mm×46mm×25mm
重量 約70g
フレーバーの種類 全9種類

Winx(ウィンクス)S35で節約できるタバコ代

Winx(ウィンクス)S35 約0.5円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約2円

第3位:Vapengin(ベイプエンジン)5500

ベイプエンジンバナー

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第3位は「Vapengin(ベイプエンジン)5500」です。

ベイプエンジン5500は独自の新技術により、シーシャの煙を再現しており電子タバコでシーシャバーのような濃厚なミストを味わうことができます。

1個あたり5,500回の吸引が可能で、フレーバーによって値段が違うため1パフ約0.5円~0.6円となりタバコより約1.9円~2円の節約になります。

Vapengin(ベイプエンジン)5500の値段・吸引回数

商品名 Vapengin(ベイプエンジン)5500
値段(税込) 2,979円~3,280円
吸引回数 約5,500回
サイズ 715mm×44mm×240mm
重量 約60g
フレーバーの種類 全13種類

Vapengin(ベイプエンジン)5500で節約できるタバコ代

Vapengin(ベイプエンジン)5500 0.5円~0.6円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.9円~2円

第4位:Vapengin(ベイプエンジン)7500

ベイプエンジンバナー

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第4位は「Vapengin(ベイプエンジン)7500」です。

ベイプエンジン7500は上でご紹介したベイプエンジン5500よりもさらに多い7,500回という吸引回数で、1パフあたりの値段は約0.5円~0.6円、タバコより約1.9円~2円節約できます。

ベイプエンジン7500は使い捨てタイプでは珍しくLED液晶が搭載されており、リキッドやバッテリーの残量をひと目で確認することができるため便利です。

Vapengin(ベイプエンジン)7500の値段・吸引回数

商品名 Vapengin(ベイプエンジン)7500
値段(税込) 3,980円~5,170円
吸引回数 約7,500回
サイズ 78.7mm×45mm×21mm
重量 約40g
フレーバーの種類 全6種類

Vapengin(ベイプエンジン)7500で節約できるタバコ代

Vapengin(ベイプエンジン)7500 約0.5円~0.6
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.9円~2円

第5位:NICOCO(ニココ)

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第5位は「NICOCO(ニココ)」です。

ニココはカラフルでおしゃれなスクエア型のアルミボディが特徴の使い捨て電子タバコで、1本あたり約1,500回の吸引が可能です。

1パフあたりの値段は約0.6円でタバコより約1.9円の節約になりますが、豊富な煙量と吸いごたえは紙巻きタバコに負けず、禁煙や減煙したい方からも高い評価を得ています。

NICOCO(ニココ)の値段・吸引回数

商品名 NICOCO(ニココ)
値段(税込) 899円
吸引回数 約1,500回
サイズ 長さ:102mm×横幅:15mm
重量 約150g
フレーバーの種類 全5種類

NICOCO(ニココ)で節約できるタバコ代

NICOCO(ニココ) 約0.6円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.9円

第6位:HARU(ハル)417

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第6位は「HARU(ハル)417」です。

ハル417の特徴は紙巻きタバコのような形状をした付属のフィルターで、吸い口に装着すれば喫煙気分を味わえるほか、フィルターなしでも吸える2WAY仕様となっています。

ハル417は1,000円以下で購入できるため気軽に色々なフレーバーを試すことができ、1パフ約0.9円とタバコより約1.6円の節約になります。

HARU(ハル)417の値段・吸引回数

商品名 HARU(ハル)417
値段(税込) 680円
吸引回数 約550回~700回
サイズ 長さ:85mm×横幅:14mm
重量 約17g
フレーバーの種類 全3種類

HARU(ハル)417で節約できるタバコ代

HARU(ハル)417 約0.9円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.6円

第7位:NEXX(ネクス)

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第7位は「NEXX(ネクス)」です。

シンプルなスティックタイプの使い捨て電子タバコであるネクスは、ワンコイン以下で買える値段の安さが特徴で、1パフ約1円で吸うことができタバコより約1.5円の節約になります。

また、ネクスはフレーバーの種類も豊富なので、フレーバーをたくさん試したい方や1つの味を吸い続けると飽きてしまう方におすすめです。

NEXX(ネクス)の値段・吸引回数

商品名 NEXX(ネクス)
値段(税込) 399円
吸引回数 約350回~約380回
サイズ 長さ:18mm×横幅:9.3mm
重量 約-g
フレーバーの種類 全9種類

NEXX(ネクス)で節約できるタバコ代

NEXX(ネクス) 約1円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.5円

第8位:Air mini(エアーミニ)

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第8位は「Air mini(エアーミニ)」です。

エアーミニは日本の大手電子タバコメーカーである「Air(エアー)」が手掛けた商品で、コンパクトなサイズと豊富な種類のフレーバーが特徴の電子タバコとなっています。

「抹茶」や「メロンクリームソーダ」など他の電子タバコにはない変わったフレーバーを手軽に味わいたい方におすすめで、1パフあたりの値段は約1.1円、タバコより約1.4円の節約が可能です。

Air mini(エアーミニ)の値段・吸引回数

商品名 Air mini(エアーミニ)
値段(税込) 1,200円~
吸引回数 約233回~約700回
サイズ 70mm×40mm×13mm
重量 約15g
フレーバーの種類 全21種類

Air mini(エアーミニ)で節約できるタバコ代

Air mini(エアーミニ) 約1.1円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.4円

第9位:SHISHA TIME(シーシャタイム)

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第9位は「SHISHA TIME(シーシャタイム)」です。

シーシャタイムはコンパクトなスティックタイプの使い捨て電子タバコですが、ストラップ付きの収納ケースが付属するため持ち運びに便利なアイテムとなっています。

吸引時には先端が光るためまるで紙巻きタバコを吸っている気分が味わえ、さらに1パフあたりの値段は約1.3円とタバコよりも約1.2円節約することが可能です。

SHISHA TIME(シーシャタイム)の値段・吸引回数

商品名 SHISHA TIME(シーシャタイム)
値段(税込) 650円
吸引回数 約500回
サイズ 長さ:18mm×横幅:9.3mm
重量 約-g
フレーバーの種類 全10種類

SHISHA TIME(シーシャタイム)で節約できるタバコ代

SHISHA TIME(シーシャタイム) 約1.3円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.2円

第10位:fantastick(ファンタスティック)

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第10位は「fantastick(ファンタスティック)」です。

ファンタスティックの特徴は、コンパクトサイズのスティック型ながら他の電子タバコと比べても豊富な煙量で「吸っている」という満足感がある点です。

また、シリコンキャップが付いているためポケットやカバンに入れる時も吸い口が直接触れず衛生面にも配慮されています。

ファンタスティックは1パフあたり約1.3円で吸え、タバコを吸うのに比べて約1.2円の節約ができます。

fantastick(ファンタスティック)の値段・吸引回数

商品名 fantastick(ファンタスティック)
値段(税込) 680円
吸引回数 約350回~約500回
サイズ 長さ:13mm×横幅:9mm
重量 約-g
フレーバーの種類 全7種類

fantastick(ファンタスティック)で節約できるタバコ代

fantastick(ファンタスティック) 約1.3円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.2円

第11位:SUEL(スエル)

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第11は「SUEL(スエル)」です。

スエルは日本人向けに健康と美味しさを追求して作られた商品で、濃厚なフレーバーの味わいと心地よい煙量で使用者をリフレッシュさせてくれます。

1本あたり約1,500回の吸引が可能で、1パフあたりの値段は約1.3円、タバコを吸った時と比べ約1.2円の節約になります。

スエルのフレーバーは全15種類と豊富に取り揃えられているので、きっとお気に入りが見つかるでしょう。

SUEL(スエル)の値段・吸引回数

商品名 SUEL(スエル)
値段(税込) 2,035円
吸引回数 約1,500回
サイズ 110mm×180mm×8mm
重量 約25g
フレーバーの種類 全12種類

SUEL(スエル)で節約できるタバコ代

SUEL(スエル) 約1.3円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.2円

第12位:SLASH(スラッシュ)

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第12位は「SLASH(スラッシュ)」です。

スラッシュはリキッドを他社の電子タバコの約2倍使用しているため、味が濃く吸いごたえがあり普段紙巻きタバコを吸っている方でも満足できる電子タバコです。

スラッシュの吸引可能回数は1本あたり平均1,600回となっており、1パフ約1.3円、タバコより約1.2円の節約が可能となっています。

また、スラッシュは「ウォーターメロンチェリー」などのミックスフレーバーが多いのも特徴で、他にはない味を試したい方にもおすすめです。

SLASH(スラッシュ)の値段・吸引回数

商品名 SLASH(スラッシュ)
値段(税込) 2,200円
吸引回数 約1,600回
サイズ 長さ:105mm×横幅:19mm
重量 約50g
フレーバーの種類 全10種類

SLASH(スラッシュ)で節約できるタバコ代

SLASH(スラッシュ) 約1.3円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.2円

第13位:CHILLERS(チラーズ)

チラーズ バナー

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第13位は「CHILLERS(チラーズ)」です。

チラーズは今までにない吸いごたえとキック感を実現した使い捨て電子タバコですが、1本あたり約2,000回の吸引が可能で1パフ約1.6円となるためタバコより約0.9円節約が可能です。

シーシャバーが開発に携わっているだけあって味はシーシャを再現しており、愛煙家はもちろんシーシャ好きの方にもおすすめの逸品と言えます。

CHILLERS(チラーズ)の値段・吸引回数

商品名 CHILLERS(チラーズ)
値段(税込) 3,300円
吸引回数 約2,000回
サイズ 114mm×17mm×17mm
重量 約50g
フレーバーの種類 全8種類

CHILLERS(チラーズ)で節約できるタバコ代

CHILLERS(チラーズ) 約1.6円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約0.9円

第14位:gippro-Neo(ジップロネオ)

使い捨て電子タバコの人気商品おすすめランキング第14位は「gippro-Neo(ジップロネオ)」です。

ジップロネオはスティックタイプの電子タバコで、使い切った時に点滅して知らせてくれるライトやポップなカラーの本体デザインが特徴となっています。

捨てるタイミングが分かりやすくなっているなど機能性が高いにもかかわらず、ジップロネオの1パフあたりの値段は約1.8円と、タバコより約0.7円の節約が可能です。

gippro-Neo(ジップロネオ)の値段・吸引回数

商品名 gippro-Neo(ジップロネオ)
値段(税込) 1,479円
吸引回数 約800回
サイズ 長さ:110mm×横幅:16mm
重量 約26g
フレーバーの種類 全9種類

gippro-Neo(ジップロネオ)で節約できるタバコ代

gippro-Neo(ジップロネオ) 約1.8円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約0.7円

【リキッド単体】タバコ代が節約できる電子タバコの人気リキッドおすすめランキング9選

リキッドのイラスト

ここまでカートリッジ式の電子タバコと使い捨てタイプの電子タバコの人気商品おすすめランキングをご紹介してきましたが、いかかだったでしょうか?

次は「リキッド単体」のおすすめランキングをご紹介していきますが、基本的にリキッドだけで使用することはなく「リキッド充填式」の電子タバコに入れて使用し、1mlあたり紙巻きタバコ約10本分の吸引ができます。

電子タバコ上級者は好みのリキッドを複数組み合わせて使うこともありますので、電子タバコを深く知りたい方はおすすめの人気商品をチェックしてみましょう。

第1位:Flavor Kitchen(フレーバーキッチン) ジョーinリキッド

電子タバコ用リキッドの人気商品おすすめランキング第1位は「Flavor Kitchen(フレーバーキッチン) ジョーinリキッド」です。

ジョーinリキッドは純国産の電子タバコ用リキッドで、徹底的な衛生管理のもと日本国内の工場で生産された安心の商品となっています。

高品質な国産の香料を使用し、配送や製造コストを極限までカットしているため「安くて美味しい」のが特徴で1パフあたりの値段は約0.1円と、タバコに比べて約2.4円の節約が可能となっています。

Flavor Kitchen(フレーバーキッチン) ジョーinリキッドの値段・主なフレーバーの種類

商品名 Flavor Kitchen(フレーバーキッチン) ジョーinリキッド
値段(税込) 980円
内容量 60ml
フレーバーの種類 全14種類

Flavor Kitchen(フレーバーキッチン) ジョーinリキッドで節約できるタバコ代

Flavor Kitchen(フレーバーキッチン) ジョーinリキッド 約0.1円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約2.4円

第2位:りきっどや ベースリキッド

電子タバコ用リキッドの人気商品おすすめランキング第2位は「りきっどや ベースリキッド」です。

りきっどやが手掛けるベースリキッドも1位のジョーinリキッドと同様に純国産のリキッドで、企画からデザイン・製造・出荷まで全て自社で行うことでコストパフォーマンスの高い商品となっています。

シンプルで使いやすいボトルと箱を使用しない梱包でコストを抑え低価格を実現しており、1パフあたりの値段は約0.1円、タバコより約2.4円の節約が可能です。

りきっどや ベースリキッドの値段・主なフレーバーの種類

商品名 りきっどや ベースリキッド
値段(税込) 880円~1,320円
内容量 30ml・100nl
フレーバーの種類 全32種類

りきっどや ベースリキッドで節約できるタバコ代

りきっどや ベースリキッド 約0.1円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約2.4円

第3位:リキッド工房 電子たばこリキッド

電子タバコ用リキッドの人気商品おすすめランキング第3位は「リキッド工房 電子たばこリキッド」です。

リキッド工房は「オリジナル」にこだわっており、手掛ける電子タバコリキッドは自分好みのオリジナルフレーバーを調合できるように様々な工夫がされています。

また、コストパフォーマンスにも優れており1パフあたりの値段は約0.1円、タバコに比べて約2.4円節約可能です。

全てのリキッド商品に、調合したリキッドを入れることが可能な10mlのニードルボトルが付属するのもポイントです。

リキッド工房 電子たばこリキッドの値段・主なフレーバーの種類

商品名 リキッド工房 電子たばこリキッド
値段(税込) 1,698円
内容量 120ml
フレーバーの種類 全45種類

リキッド工房 電子たばこリキッドで節約できるタバコ代

リキッド工房 電子たばこリキッド 約0.1円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約2.4円

第4位:BI-SO(ビソ) リキッド

電子タバコ用リキッドの人気商品おすすめランキング第4位は「BI-SO(ビソ) リキッド」です。

ビソは品質マネジメントシステムに関する国際規格である「ISO9001」を取得しており、安心して使えるリキッド作りを心掛けています。

自社工場で生産されるリキッドはコストパフォーマンスに優れ、1パフあたりの値段は約0.2円となり、タバコより約2.3円節約することが可能です。

BI-SO(ビソ) リキッドの値段・主なフレーバーの種類

商品名 BI-SO(ビソ) リキッド
値段(税込) 1,089円
内容量 15ml
フレーバーの種類 全12種類

BI-SO(ビソ) リキッドで節約できるタバコ代

BI-SO(ビソ) リキッド 約0.2円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約2.3円

第5位:小江戸工房

電子タバコ用リキッドの人気商品おすすめランキング第5位は「小江戸工房」です。

小江戸工房のリキッドの主原料は国産の材料を使用し、フレーバーは「モヒート」や「宇治金時」といったカクテルや喫茶店のメニューをモチーフにしているのが特徴です。

「手に取りやすい価格帯で、しっかりおいしい」がコンセプトのリキッドは1パフ約0.4円、タバコと比べて約2.1円の節約が可能となっています。

小江戸工房のリキッドの値段・主なフレーバーの種類

商品名 小江戸工房
値段(税込) 1,100円~2,860円
内容量 15ml・30ml・60ml
フレーバーの種類 全8種類

小江戸工房で節約できるタバコ代

小江戸工房 約0.4円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約2.1円

第6位:TOKYO CRAFT LIQUID(トウキョウ クラフト リキッド)

電子タバコ用リキッドの人気商品おすすめランキング第6位は「TOKYO CRAFT LIQUID(トウキョウ クラフト リキッド)」です。

トウキョウクラフトリキッドはVAPE(ベイプ)専門店である「vape studio(ベイプスタジオ)」のオリジナルブランドで、日本らしさや日本人が美味しいと感じる味にこだわっています。

高品質な国産のリキッドながら手に取りやすい値段で、1パフあたりの値段は約0.4円、タバコより約2.1円の節約が可能です。

TOKYO CRAFT LIQUID(トウキョウ クラフト リキッド)の値段・主なフレーバーの種類

商品名 TOKYO CRAFT LIQUID(トウキョウ クラフト リキッド)
値段(税込) 3,000円
内容量 60ml
フレーバーの種類 全6種類

TOKYO CRAFT LIQUID(トウキョウ クラフト リキッド)で節約できるタバコ代

TOKYO CRAFT LIQUID(トウキョウ クラフト リキッド) 約0.4円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約2.1円

第7位:MK Lab こいこい (Koi-Koi)

電子タバコ用リキッドの人気商品おすすめランキング第7位は「MK Lab こいこい (Koi-Koi)」です。

MK Labのこいこいシリーズは花札をモチーフにしたフレーバーリキッドで濃い煙と甘い味わいが人気で、それぞれの「役」を擬人化したパッケージデザインも特徴的です。

老舗リキッドメーカーによりこだわって調合されたリキッドは1パフ約0.5円で楽しめ、タバコより約2円節約できます。

MK Lab こいこい (Koi-Koi)のリキッドの値段・主なフレーバーの種類

商品名 MK Lab こいこい (Koi-Koi)
値段(税込) 1,450円~3,646円
内容量 20ml・60ml
フレーバーの種類 全13種類

MK Lab こいこい (Koi-Koi)で節約できるタバコ代

MK Lab こいこい (Koi-Koi) 約0.5円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約2円

第8位:KAMIKAZE E-JUICE(カミカゼEジュース)

電子タバコ用リキッドの人気商品おすすめランキング第8位は「KAMIKAZE E-JUICE(カミカゼEジュース)」です。

カミカゼEジュースは電子タバコユーザーなら知らない人がいないほどの有名ブランドのリキッドで、原材料から製造まで全て純国産で安心・安全にこだわっています。

初めて電子タバコを吸う方でも違和感なく「美味しい」と感じるフレーバーが多くあり、値段も1パフ約0.6円とリーズナブルでタバコより約1.9円節約可能です。

KAMIKAZE E-JUICE(カミカゼEジュース)のリキッドの値段・主なフレーバーの種類

商品名 KAMIKAZE E-JUICE(カミカゼEジュース)
値段(税込) 890円
内容量 15ml
フレーバーの種類 全11種類

KAMIKAZE E-JUICE(カミカゼEジュース)で節約できるタバコ代

KAMIKAZE E-JUICE(カミカゼEジュース) 約0.6円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.9円

第9位:Mystic Juice(ミスティックジュース)

電子タバコ用リキッドの人気商品おすすめランキング第9位は「Mystic Juice(ミスティックジュース)」です。

ミスティックジュースはイギリスのリキッドブランドの商品で、本物のフルーツやミントの味を忠実に再現した味わいが特徴です。

まるで本物のフルーツをそのままリキッドに閉じ込めたような味わいを楽しみながら節約できるリキッドで、1パフあたり約0.6円でタバコより約1.9円安く吸えます。

Mystic Juice(ミスティックジュース)のリキッドの値段・主なフレーバーの種類

商品名 Mystic Juice(ミスティックジュース)
値段(税込) 3,850円
内容量 50ml
フレーバーの種類 全7種類

Mystic Juice(ミスティックジュース)で節約できるタバコ代

Mystic Juice(ミスティックジュース) 約0.6円
紙巻きタバコ 約2.5円(1本あたり約12パフ)
節約できるタバコ代 約1.9円

【リキッド充填式】タバコ代が節約できる人気の電子タバコおすすめランキング6選

電子タバコのイラスト

ここまでの商品紹介から、各メーカーが工夫を凝らしフレーバーや煙の量・安全性にこだわって電子タバコ用のリキッドを作っていることが分かったのではないでしょうか。

本項では、こだわりのリキッドを注入して楽しむ「リキッド充填式」電子タバコの中から5,000円以下で買える人気商品のおすすめランキングをご紹介していきます。

初期費用やメンテナンスの手間はかかりますが、自分の好きなリキッドをブレンドして充填したり煙量を調整したりと魅力たっぷりなので、ぜひチェックしてみてください。

第1位:INNOKIN Klypse POD(イノキン クリプス ポッド)

リキッド充填式電子タバコの人気商品おすすめランキング第1位は「INNOKIN Klypse POD(イノキン クリプス ポッド)」です。

イノキンクリプスポッドは煩わしいボタン操作が一切ないオートパフ機能を搭載した電子タバコで、直感的に使える点がメリットとなっています。

また、リキッドは付属しないものの本体価格は2,460円(税込)とリーズナブルで、カラーも全13種類と豊富なため自分のスタイルに合わせてチョイスすることが可能です。

INNOKIN Klypse POD(イノキン クリプス ポッド)本体の値段

商品名 INNOKIN Klypse POD(イノキン クリプス ポッド)
値段(税込) 2,460円
タイプ POD交換型
リキッドの充填量 2ml
最大出力 16w
充電時間 1時間以内
サイズ 94mm×29×15.2mm
重量 38g

第2位:eGo AIO(イーゴーエーアイオー)

リキッド充填式電子タバコの人気商品おすすめランキング第2位は「eGo AIO(イーゴーエーアイオー)」です。

イーゴーエーアイオーはスティックタイプのリキッド充填式電子タバコで、スタイリッシュなデザインのため紙巻きタバコから移行したい方やボックスタイプの電子タバコに抵抗がある方におすすめです。

リキッド別売りで本体価格は2,680円(税込)となっており、エアフロ―調節機能や液漏れ防止機能が搭載された電子タバコの入門用にもうってつけの電子タバコとなっています。

eGo AIO(イーゴーエーアイオー)本体の値段

商品名 eGo AIO(イーゴーエーアイオー)
値段(税込) 2,680円
タイプ コイル交換型
リキッドの充填量 2ml
最大出力 28w
充電時間 約4.5時間
サイズ 23.0mm×43.0mm×97.0 mm
重量 22g

第3位:Nevoks APX C1(ネボックス エーピーエックス シーワン)

リキッド充填式電子タバコの人気商品おすすめランキング第3位は「Nevoks APX C1(ネボックス エーピーエックス シーワン)」です。

ネボックスのAPX C1はコンパクトなサイズでありながら、1,000mAhの大容量バッテリーを搭載したリキッド充填式電子タバコとなっています。

リキッドは別売りですが本体の値段は2,780円(税込)とリーズナブルで、出力調整機能やエアフロ―調節機能も搭載された本格モデルです。

Nevoks APX C1(ネボックス エーピーエックス シーワン)本体の値段

商品名 Nevoks APX C1(ネボックス エーピーエックス シーワン)
値段(税込) 2,780円
タイプ POD交換型
リキッドの充填量 2ml
最大出力 3.6v
充電時間 約1時間
サイズ 78.3mm×46.8mm×14mm
重量 45.8g

第4位:ZQ XTAL SE+(ゼットキュー エクスタル エスイープラス)

リキッド充填式電子タバコの人気商品おすすめランキング第4位は「ZQ XTAL SE+(ゼットキュー エクスタル エスイープラス)」です。

ZQ XTAL SE+はコンパクトなスティックタイプの電子タバコですが、800mAhの大容量バッテリーを搭載しており一度充電しておけば外出時にバッテリーが切れる心配がありません。

値段はリキッド付属なしで本体のみ2,780円(税込)となっており、オートパフ機能のため複雑な操作の必要がなく電子タバコ初心者でも安心して使用可能です。

ZQ XTAL SE+(ゼットキュー エクスタル エスイープラス)本体の値段

商品名 ZQ XTAL SE+(ゼットキュー エクスタル エスイープラス)
値段(税込) 2,780円
タイプ POD交換型
リキッドの充填量 1.8ml
最大出力
充電時間 約40分
サイズ 113mm×22mm×12.5mm
重量 36.9g

第5位:TARLESS PLUS(ターレスプラス)

リキッド充填式電子タバコの人気商品おすすめランキング第5位は「TARLESS PLUS(ターレスプラス)」です。

ターレスプラスはタバコカプセルに対応しているリキッド充填式電子タバコで、そのまま吸えば濃厚なミストフレーバーを、タバコカプセルを使用すれば渋みのある吸いごたえを味わえます。

値段はリキッドが5本付属して3,980円(税込)となっているため、買ったらそのまますぐに吸えるのも嬉しいポイントです。

TARLESS PLUS(ターレスプラス)本体の値段

商品名 TARLESS PLUS(ターレスプラス)
値段(税込) 3,980円(リキッド5本付属)
タイプ POD交換型
リキッドの充填量 2ml
最大出力
充電時間 約1時間
サイズ 106mm×38mm×15mm
重量 16g

第6位:Aspire GOTEK PRO(アスパイア ゴーテックプロ)

リキッド充填式電子タバコの人気商品おすすめランキング第6位は「Aspire GOTEK PRO(アスパイア ゴーテックプロ)」です。

ゴーテックプロは電子タバコの大手メーカーであるアスパイアが手掛けたアイテムで、カートリッジ式とリキッド充填式の2WAYで使えるのが特徴の電子タバコです。

値段はリキッド入りのPODが2本付属して3,980円(税込)となっているため買ってすぐに使用できるほか、大容量の1,500mAhバッテリーとエアフロ―調節機能搭載で機能面も充実しています。

Aspire GOTEK PRO(アスパイア ゴーテックプロ)本体の値段

商品名 Aspire GOTEK PRO(アスパイア ゴーテックプロ)
値段(税込) 3,980円
タイプ POD交換型
リキッドの充填量 4.5ml
最大出力
充電時間 約210分
サイズ 81mm×46mm×20.6mm
重量 81g

タバコをやめたらお金が貯まる?喫煙期間別にもったいないタバコ代がいくら掛かるかを解説!

財布からお金が逃げていく女性のイラスト

ここまでの内容から紙巻きタバコから電子タバコに変えると節約できることが分かりましたが、具体的にいくら節約できるのでしょうか?

本項目では、紙巻きタバコ1箱600円を1日1箱吸った場合にかかるタバコ代を「1ヶ月間」「1年間」「一生」の喫煙期間別にご紹介します。

現在紙巻きタバコを吸っていて禁煙や減煙を考えている方にとっては、知るとモチベーションが上がる情報ですので、ぜひこの機会にチェックしてください。

1ヶ月間タバコを吸う場合の紙巻きタバコ代:約18,000円

紙巻きタバコを1ヶ月間毎日1箱吸った時のタバコ代は「約18,000円」となります。

1箱600円と考えると少ない金額に思えますが、毎日1箱吸い続けると1ヶ月で相当な金額をタバコに使っていることになります。

もちろん、上の結果は1日1箱吸った場合のシミュレーションとなりますので、さらに多い本数を吸うヘビースモーカーの方は毎月18,000円以上のタバコ代がかかることになるでしょう。

1年間タバコを吸う場合の紙巻きタバコ代:約21万6,000円

続いて、1箱600円の紙巻きタバコを1年間吸い続けた場合にかかるタバコ代は「約21万6,000円」となります。

仮に10年吸い続けるとタバコ代だけで約216万円となり、車が買えたり贅沢な海外旅行ができたりする値段となります。

趣味としてタバコを嗜んでいる方は良いですが、依存で喫煙をしている方は他の趣味や娯楽にお金を使った方が有意義と言えるでしょう。

一生タバコを吸う場合の紙巻きタバコ代:約1,300万円

最後に、20歳~80歳まで1箱600円の紙巻きタバコを1日1箱吸った場合のタバコ代はなんと「約1,300万円」にもなります。

なお、タバコ税は増税の対象となっていますので、特別なことがない限りは今後も値上がりすることが予想されます。

タバコの値段が上がり続けた場合一生で支払うタバコ代も上がり続け、上記の値段をはるかに超えることになりますので注意しましょう。

紙巻きタバコ・加熱式タバコ・電子タバコのコスパを比較

ここまで紙巻きタバコを吸い続けた場合にかかる値段をご紹介してきましたが、加熱式タバコや電子タバコと比較した場合コスパはどの程度違うのでしょうか?

加熱式タバコはデバイスを購入するための初期費用がかかり、タバコステックの値段も紙巻きタバコと大差ないためコスパはほとんど変わりません。

電子タバコであれば同じ値段で紙巻きタバコの3倍以上多く吸うことができるので、仮に毎日吸い続けたとしても上でご紹介した値段の3分の1程度の負担で済みます。

紙巻きタバコ・加熱式タバコ・電子タバコのコスパ比較表

1ヶ月吸う場合 1年間吸う場合 一生吸う場合
紙巻きタバコ 18,000円 216,000円 12,960,000円
加熱式タバコ 16,500円 198,000円 11,880,000円
使い捨て電子タバコ 15,000円 180,000円 10,800,000円
カートリッジ式電子タバコ 7,250円 87,000円 5,220,000円
リキッド式電子タバコ 5,000円 60,000円 3,600,000円

電子タバコに関する3つの質問に回答!

疑問を浮かべている男女のイラスト

電子タバコは紙巻きタバコと比較すると3倍以上多く吸えるため、タバコ代を節約できることが分かりました。

しかし、初めて紙巻きタバコから電子タバコに乗り換えようとする方にとっては「どこに売っているのか」や「最初は何を買えば良いか」など分からないことも多いでしょう。

そこで本項目では電子タバコに初心者の方に向け、電子タバコに関する3つの質問に回答していきますのでチェックしてみてください。

電子タバコに関する質問
  1. 電子タバコはどこで売ってる?
  2. お試しで吸うならどれがおすすめ?
  3. 電子タバコを吸ってはいけない人はいる?

質問①:電子タバコはどこで売ってる?

最初にお答えする電子タバコに関する質問は「電子タバコはどこで売ってる?」です。

電子タバコは紙巻きタバコと同じくコンビニやドンキホーテで手軽に購入できますので、電子タバコの購入を検討している方は電子タバココーナーをチェックしてみましょう。

また、電子タバコは通販サイトでも購入できるほか公式サイトでは特典が付いたり割引きされたりすることもあるため、お目当ての電子タバコがある方は公式サイトも確認しましょう。

質問②:お試しで吸うならどれがおすすめ?

次にお答えする電子タバコに関する質問は「お試しで吸うならどれがおすすめ?」です。

本記事では電子タバコのタイプ別のおすすめ商品をご紹介してきましたが、初めてお試しで吸う方に最もおすすめなのは「使い捨てタイプ」です。

使い捨てタイプの電子タバコは初心者でも扱いやすいシンプルな操作性とメンテナンスの必要がないというメリットがあるため、お試しで吸うのにぴったりと言えます。

質問③:電子タバコを吸ってはいけない人はいる?

最後にお答えする電子タバコに関する質問は「電子タバコを吸ってはいけない人はいる?」です。

結論から言うと、電子タバコを吸ってはいけない人やシチュエーションは「妊婦さんや妊婦さんの前」「子供や子供の前」「ペットの前」です。

電子タバコにはニコチンやタールが含まれてませんが、ペットに有害な物質が含まれているほか明らかになっていない危険性も考えられるため、注意や配慮は必要だと言えます。

もったいないタバコ代が節約できる!タバコの代わりに吸える安いおすすめ電子タバコ34選人気ランキングまとめ

本記事では、もったいないタバコ代が節約できる、安い電子タバコの人気商品おすすめランキングをご紹介してきました。

今後もタバコ税の増税に伴う紙巻きタバコの値上がりが予想される中、禁煙や減煙したい方にとってタバコ代わりに吸える安い電子タバコは強い味方と言えます。

本記事を読んで電子タバコに興味を持った方は、ぜひ今回ランクインしたおすすめの電子タバコを手に取ってみてください。

この記事を書いた専門家
アバター画像
山田宏樹
アメリカ出張中に海外でのVAPE人気を目の当たりにし、帰国後日本でも電子タバコの良さ知ってもらいたいという想いから執筆活動を始めました。最新の電子タバコ技術やリキッド成分に詳しく、読者に信頼性のある情報を提供します。日本で健康的な喫煙スタイルに対する理解を広めることを目指しています。
【書き出し】DR.VAPE2(ネオ書き出し否定)
【3連】全記事共通(DR.STICK商標否定)
月版
編集部が100種類以上吸って厳選!
おすすめ電子タバコTOP3
【CTA】DR.VAPE(1-クライアント記事否定,2-DRS商標否定,2-JUUL商標否定)
【最安値確定】ドクターベイプ2の本体が今なら実質無料!!
ドクターベイプ2

ドクターベイプ2はコクのある濃厚なフレーバーが多くの喫煙者に愛される累計販売2,000万本の大人気VAPEです。

ニコチン・タールフリーでコスパも高く1箱でタバコ5箱分も吸える!

公式サイト特別割引中+永久保証付きなので、定価から6,470円OFFのお得な値段で手に入れてください。

\最安値はコチラ/

全ページ共通:新3連ギミック発動script/新CTAギミック発動script/wgtlogic簡略用タグ無効化script/画像拡大jqセット