たばこコラム

【最新】タバコのソフトとボックスの開け方や銀紙の開け方も解説

タバコの開け方

タバコにはソフトパックとボックスタイプの2種類がありますが、それぞれフタの開け方や銀紙の開け方が気になる方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、ソフトパックはライターでフィルムを半面炙る、片側の銀紙を破り取る開け方があり、ボックスタイプでは銀紙を取らない開け方やすべて取るなどいろいろな開け方があります。

そこで本記事は2023年最新のソフトパックやボックスタイプそれぞれの開け方をご紹介!様々な開け方が気になる方は是非本記事をご覧になって下さい。

目次

タバコのソフトパックの開け方・銀紙の開け方を解説

タバコのソフトの開け方

それでは早速、タバコのソフトパックの開け方・銀紙の開け方を解説していきます!タバコのソフトパックは、開け方1つでタバコの保存状態が変わる事をご存知でしょうか?

そんなタバコのソフトパックの開け方はライターを使った開け方や銀紙の上面を全て取る開け方など、ソフトパックのタバコを吸う喫煙者によって様々です。

本項目では、タバコのソフトパックの開け方・銀紙の開け方を解説しながら、タバコのソフトパックを開ける時の注意点をご紹介しますので是非参考にしてみて下さい!

タバコのソフトパックの開け方や銀紙の開け方
  1. 銀紙の上面半分を取る
  2. ライターでフィルムを炙る
  3. 銀紙の上面を全て取る

タバコのソフトパックの開け方・銀紙の開け方①:銀紙の上面半分を取る

先ずご紹介するタバコのソフトパックの開け方・銀紙の開け方1個目は「銀紙の上面半分を取る開け方」です。ソフトパックを愛用されている方にとってはオーソドックスな開け方なのではないでしょうか?

開け方の手順は、片方の折り込まれた銀紙を取って伸ばします。伸ばしたら、タバコの上面中央の封緘紙の端に合わせて銀紙をちぎって取り出せば「完成」です。

なお、銀紙の折り目にはジンクスが込められています。銀紙の折り目が「人」になっている文字側を取ると人間関係に亀裂が入り、銀紙の折り目が「入」になっている文字側を取るとお金の入りが悪くなると信じられています。

銀紙の折り目のジンクスについて
喫煙者の多くは「入」側を取って開けますが「人」側を取っても大丈夫です!

タバコのソフトパックの開け方・銀紙の開け方②:ライターでフィルムを炙る

続いてご紹介するタバコのソフトパックの開け方・銀紙の開け方2個目は「ライターでタバコの外袋のフィルムを炙る開け方」です。タバコの外袋のフィルムをライターで「開ける部分だけ」炙ってフィルムを溶かす開け方になります。

外袋のフィルムをライターで炙ると、フィルムが縮んでタバコをポケットにしまっていても外れなくなります。また、タバコを吸い切ってからフィルムと一緒にタバコの箱を捨てられるので、タバコの箱を開ける時のゴミが少なくなる所も「ライターでフィルムを炙る開け方」の良い所ですね。

ライターの火について
ライターを使ってフィルムを炙る為、火の取り扱いに十分注意しましょう!

タバコのソフトパックの開け方・銀紙の開け方③:銀紙の上面を全て取る

最後にご紹介するタバコのソフトパックの開け方・銀紙の開け方3個目は「銀紙の上面を全て取る開け方」です。銀紙のジンクス関係なく、銀紙の上面を封緘紙ごと全て大胆に取りましょう!

銀紙の上面を全て取る開け方は1日でタバコの箱を1箱すべて吸いきる方に向いている開け方です。タバコの箱の開け口が大きい為、すぐに次のタバコを取り出せます。

銀紙の上面を全て取って開けたら、乾燥などの影響を受けやすくタバコの品質が落ちやすくなります。また、ポケットやカバンに仕舞うとタバコが散乱して悲惨な事になりますので十分に注意しましょう。

メンテナンス不要で快適な使い心地が続くドクターベイプモデル2をご紹介!

ドクターベイプ2

紙巻きタバコの包装の開け方にこだわるのも人によっては1つの楽しみですが「できるだけ手間をかけずに簡単にタバコを吸いたい」と考える方には「DR.VAPE Model 2(ドクターベイプモデル2)」がおすすめです。

ドクターベイプモデル2の使い方は実にシンプルで、デバイスにカートリッジを差し込んだら後は吸うだけ!カートリッジ1つにつき約600回の吸引が可能なので、1度カートリッジを差し込めば「吸う」以外の動作は必要ありません。

メンテナンスや掃除は一切不要で吸引回数は無制限、好きなときに好きなだけフレーバーを楽しむことができます。

タバコを包装から取り出す動作やタバコに火を点ける動作が面倒だと感じている方は、是非公式サイトへアクセスして快適な使い心地のドクターベイプモデル2をチェックしてみてください。

タバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方を解説

タバコのボックスの開け方

先ほどは、ソフトパックの開け方・銀紙の開け方を解説しました。続いて、タバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方を解説します。

タバコのボックスタイプの開け方は、ボックスタイプを吸われる方によって様々です。破線に沿って銀紙を開ける開け方や銀紙をあえて取らない開け方など銀紙の開け方で違いが出てきます。

本項目は、タバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方を解説しながら、それぞれの開け方の良い所をご紹介しますので是非参考にしてみて下さい!

タバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方
  1. 破線に沿って銀紙を開ける
  2. 銀紙を取らないで開ける
  3. 銀紙の上面を全て取る

タバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方①:破線に沿って銀紙を開ける

破線に沿って銀紙を取る開け方

先ずご紹介するタバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方1個目は「破線に沿って銀紙を開ける開け方」です。ボックスタイプは箱の開け口に沿って破線が設けられています。

破線に沿って銀紙を開ける際は、銀紙の折れ目が重なっている上の折れ目を摘まんで上に引っ張り上げると銀紙が気持ちよく取れます。

タバコのボックスタイプは蓋が付いている為、ソフトパックと違って乾燥などの影響を受けにくいです。また、開け口が大きいのでタバコをスッと取り出す事ができます。

タバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方②:銀紙を取らないで開ける

銀紙を取らない開け方

続いてご紹介するタバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方2個目は「銀紙を取らないで開ける開け方」です。銀紙を取らないのでタバコの箱の蓋を開けたら、銀紙の折り目をほどいていきましょう。

また、タバコのボックスタイプは銀紙の折り目に糊付けされていない為、簡単に「銀紙を取らない」でタバコを取り出す事ができます。

さらに銀紙がタバコの中蓋の役割をするので他のボックスタイプの開け方に比べてタバコの保存状態が保たれます!

タバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方③:銀紙の上面を全て取る

銀紙を全て取る開け方

最後にご紹介するタバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方3個目は「銀紙の上面を全て取る開け方」です。手やハサミを使用して銀紙の上面を切り取っていく丁寧な開け方です。

銀紙の上面を全て取る開け方は、外気に触れている箇所が「破線に沿って銀紙を開ける開け方」に比べて少ない為、タバコが受ける乾燥などの影響は軽いです。

タバコのソフトパック・ボックスタイプのかっこいい出し方をご紹介

タバコのかっこいい出し方

ここまでは、タバコのボックスタイプの開け方・銀紙の開け方を解説しました。続いて、タバコのソフトパック・ボックスタイプのかっこいい出し方をご紹介します!

結論から言うと、タバコのソフトパックのかっこいい出し方は「一手間加える仕草」で、タバコのボックスタイプのかっこいい出し方は「スマートな出し方」です。是非本項目をご覧になって試してみて下さい!

タバコのソフトパック・ボックスタイプのかっこいい出し方
  1. ソフトパックのかっこいい出し方:デコピンで出す
  2. ソフトパックのかっこいい出し方:片手でソフトパックを振ってタバコを出す
  3. ボックスタイプのかっこいい出し方:口だけでボックスタイプからタバコを出す
  4. ボックスタイプのかっこいい出し方:片手で蓋を開けてタバコを出す

タバコのソフトパックのかっこいい出し方:デコピンで出す

先ずご紹介するタバコのソフトパックのかっこいい出し方1個目は「デコピンでタバコを出す出し方」です。ただし、タバコのソフトパックで「銀紙の上面半分が残っている状態」でのみ可能な出し方になります。

デコピンで出す出し方は、タバコの上部を小さく指でトントンとするような力加減がコツです。なお、持ち方は普段の持ち方で構いませんが小指を箱の底に持っていき、パッケージを支える様にしておきましょう。

デコピンで出す出し方で気を付けたい所は、力強く持ち過ぎない事です。力強く持ちすぎるとかえってタバコが出にくくなり、最悪の場合「タバコが潰れてしまう」恐れがあります。

タバコのソフトパックのかっこいい出し方:片手でソフトパックを振ってタバコを出す

続いてご紹介するタバコのソフトパックのかっこいい出し方2個目は「片手でソフトパックを振ってタバコを出す出し方」です。このやり方も前述の通り、タバコのソフトパックで「銀紙の上面半分が残っている状態」でのみ可能な出し方になります。

片手でソフトパックを振ってタバコを出す出し方のコツは、手首のスナップを利かせて勢いよく振る事です。タバコの本数が少ないと勢いよく振った際にタバコが飛び出してしまう恐れがある為、力加減には十分に注意しましょう。

タバコのボックスタイプのかっこいい出し方:口だけでボックスタイプからタバコを出す

続いてご紹介するタバコのボックスタイプのかっこいい出し方3個目は「口だけでボックスタイプからタバコを出す出し方」です。口だけで箱からタバコを出すので、開け口が大きいボックスタイプならではの出し方になります。

口だけでボックスタイプからタバコを出す出し方のコツは、端から2番目あたりのタバコを八重歯でタバコのフィルターに当てて、上にスライドさせてから軽く咥える事です。

口だけで箱からタバコを出す事について
口を使ってタバコを出す出し方は「他のタバコに自分の唾液が付く」ので、タバコの劣化に気を付けましょう。

タバコのボックスタイプのかっこいい出し方:片手で蓋を開けてタバコを出す

最後にご紹介するタバコのボックスタイプのかっこいい出し方4個目は「片手で蓋を開けてタバコを出す出し方」です。親指で蓋を引っかけて上げていきましょう。

蓋を上げきったら、前列中央のフィルター部分を親指の腹で当てて上にスライドさせる事で、箱からタバコを取り出せます。コツは、親指で上げきった蓋が勝手に閉まらないように人差し指で蓋を押さえる事です。

最初は親指で蓋を開ける所に苦戦しますが、慣れてきたらスムーズに蓋を開けてタバコを取り出す事ができます!片手で蓋を開けてタバコを出す事がスムーズにできれば、周囲からはテクニシャンとみられるでしょう。

シンプルな手順でたっぷりの煙とくつろぎの時間を満喫できるチラーズを紹介!

チラーズ バナー

タバコの取り出し方や咥え方にかっこよさを求めている方には、Instagramで話題のポケットシーシャ「CHILLERS(チラーズ)」もおすすめです。

チラーズは上下に付いているキャップを外して吸い口から吸引するだけで簡単にフレーバーを楽しむことができます。シンプルかつ少ない所作でたっぷりの煙を吐き出す姿は上級者らしく、かっこよく見られるはず!

そして、チラーズは1本につき紙巻きタバコ約10箱分の吸引が可能なので、タバコのように1本1本火を点けるという手間を省き、気ままにくつろぎの時間を楽しむことができます。

無駄のない洗練された所作でくつろぎの時間をブラッシュアップしたいという方は、是非チラーズ公式サイトへアクセスしてみてください。

タバコのソフトパックとボックスタイプの違い

タバコのソフトとボックスの違い

先ほどは、タバコのソフトパック・ボックスタイプのかっこいい出し方をご紹介しました。続いて、タバコのソフトパックとボックスタイプの違いを3個ご紹介します!

パッケージの違いによってタバコ葉の散らばりやすさが変わってきたり、箱の中に入っているタバコの潰れやすさが違ったりします。また、乾燥の影響具合もソフトパックとボックスタイプの違いで変わってきます。

ソフトパックとボックスタイプは目に見えて違う所もあれば「実際に吸って比べてみないと分からない」細かな所があります。是非細かな違いに注目して、本項を読み進めてみて下さい!

タバコのソフトパックとボックスタイプの違い
  1. パッケージの違い
  2. 味が違って感じる
  3. タバコの捨てやすさ

タバコのソフトパックとボックスタイプの違い①:パッケージの違い

先ずご紹介するタバコのソフトパックとボックスタイプの違い1個目は「パッケージの違い」です。ソフトパックは柔らかい紙で包まれており、ボックスタイプは固い箱に入っています。

タバコ葉の散らばりやすさでは、ソフトパックの方が散らばりやすくボックスタイプは蓋が付いている為、タバコ葉が散らばりにくくなっています。

また、ボックスタイプと比べてソフトパックの方がポケットやカバンに入れやすいです。理由としては、タバコの残りの本数が減っていくたびにソフトパックのタバコの箱のサイズが「コンパクト」になっていくからです。

タバコのソフトパックとボックスタイプの違い②:味に差が出る

続いてご紹介するタバコのソフトパックとボックスタイプの違い2個目は「味に差が出る」です。ソフトパックとボックスタイプはパッケージが違うだけで、タバコ自体の中身は同じです。

しかし、開封後のソフトパックとボックスタイプでは密閉度が違うので、乾燥などの影響により味に差が出てきます。具体的には、タバコは乾燥すればするほど辛みが際立ってタバコのまろやかな味が感じなくなります。

また、ソフトパックは開封後の密閉度が低い為ボックスタイプより乾燥が早く、辛みが強い味になりやすいです。ボックスタイプは開封後の密閉度が強く乾燥は遅いので、タバコのまろやかな味が保たれやすくなります。

タバコのソフトパックとボックスタイプの違い③:タバコの箱の捨てやすさ

最後にご紹介するタバコのソフトパックとボックスタイプの違い3個目は「タバコの箱の捨てやすさ」です。ソフトパックとボックスタイプのパッケージの柔らかさに差があります。

ソフトパックは柔らかい包み紙でできている為、タバコを吸いきって箱を潰した方が潰さないよりも「箱が占めるスペース」が取られる事が無くなります。ボックスタイプは固い箱でできている為、タバコの箱を潰す事が困難です。

タバコのソフトパックのメリット

タバコのソフトパックのメリット

ここまでは、タバコのソフトパックとボックスタイプの違いをご紹介しました。続いて、タバコのソフトパックのメリットを3個ご紹介します!

ソフトパックはボックスタイプと比べて扱いや保存方法がシビアです。ソフトパックは、開け方から収納の仕方まで様々な工夫が喫煙者に求められる事があります。

しかし、開け方の工夫によっては「タバコへの知識が深まり」タバコの味を損なうような事を避けられます。本項では、ソフトパックのメリットをご紹介すると共にデメリットもまとめてご紹介するので、是非ご覧になって下さい!

ソフトパックのデメリット
  1. タバコの乾燥が早い為、タバコの味が落ちやすい。
  2. パッケージが柔らかい為、潰れやすい。

タバコのソフトパックのメリット①:吸い切ったと思いきや1本残っていた時のお得感

先ず、ご紹介するタバコのソフトパックのメリット1個目は「吸い切ったと思いきや1本残っていた時のお得感」です!ソフトパックは残りの本数が確認しにくいのもあって、実は1本残ってたなんて事があります。

また、タバコを全て吸い切った時にタバコが1本残っていたら「まだ吸える!ラッキー!」とつい言ってしまいたくなりますよね。ボックスタイプには無いユニークなメリットを感じたい方はソフトパックを手に取ってみてはいかがでしょうか?

タバコのソフトパックのメリット②:タバコの取り出し方がかっこいい

続いてご紹介するタバコのソフトパックのメリット2個目は「タバコの取り出し方がかっこいい」です!タバコのソフトパックはタバコの出し方が様々で、慣れていないとできない出し方もあるほどです。

例えば、手首のスナップを利かせて勢いよく振って1回でタバコを出す出し方は、タバコの扱いに慣れている上級者感が出ておりカッコよく見えます。

タバコのソフトパックのメリット③:ゴミが捨てやすい

最後にご紹介するタバコのソフトパックのメリット3個目は「ゴミが捨てやすい」です。ボックスタイプと比べてソフトパックは簡単に箱を潰せる為、ゴミ箱に入れる時に箱が占めるスペースが少なくなります。

また、ソフトパックは箱を潰しやすいのでカバンやポケットにかさばる事は無く持ち運びもしやすいです。外でタバコを吸われる方は是非ソフトパックを選んでみてはいかがでしょうか?

ドクターベイプモデル2は持ち運びやすさも使いやすさもデザインもピカイチ!

ドクターベイプ2

「カバンに入れるから潰れにくい方が良い」「ポケットに入れるからかさばらない方が良い」など向き不向きは様々ですが、タバコの持ち運びやすさにこだわりを持っている方は多いのではないでしょうか。

持ち運びやすさを重視する方には、コンパクトかつスリムな形状で潰れたりタバコ葉が散らばる心配もないDR.VAPE Model 2(ドクターベイプモデル2)をおすすめします。

事前にフレーバーカートリッジを本体に差し込んでおけば、外出するときもドクターベイプモデル2本体だけを持ち歩けば良いので、カバンに入れるにしてもポケットに入れるにしてもデメリットはありません。

さらに、世界的なクリエーターがデザインしたドクターベイプモデル2は持っているだけで気分が上がること間違いなし!興味のある方は、是非公式サイトをチェックしてみてください。

タバコのボックスタイプのメリット

タバコのボックスタイプのメリット

先ほどは、タバコのソフトパックのメリットをご紹介しました。最後に、タバコのボックスタイプのメリットをご紹介します!

タバコのボックスタイプはソフトパックと比べて扱いや保存方法が簡単です。また、タバコの取り出しやすさもボックスタイプの方が取り出しやすいです。

本項では、そんな機能性があふれたボックスタイプのメリットをご紹介すると共にデメリットもまとめてご紹介いたしますので、是非ご覧になって下さい!

ボックスタイプのデメリット
  1. カバンやポケットに仕舞う時、ある程度のスペースが必要。
  2. 開け口が大きい為、タバコの箱を下に向けるとタバコが全て出ていく。

タバコのボックスタイプのメリット①:乾燥などの影響を受けにくい

先ずご紹介するタバコのボックスタイプのメリット1個目は「乾燥などの影響を受けにくい」です!ボックスタイプは蓋が付いており密閉度が非常に高く、乾燥などの影響を受けにくいです。

乾燥などの影響を受けにくいボックスタイプは、ソフトパックと比べて保存状態も保たれやすいのでタバコの味がすぐに落ちる心配がありません。

つまり、箱の消費ペースを落としてもタバコの味を損なわずに楽しむことができます。自分の好きな喫煙ペースを見つける事ができるのもボックスタイプの良い所ですね。

タバコのボックスタイプのメリット②:開け方が簡単

続いてご紹介するタバコのボックスタイプのメリット2個目は「開け方が簡単」です!ボックスタイプの銀紙は、タバコの箱の開け口に破線が設けられており破線に沿って銀紙を引っ張れば簡単にタバコを出す事ができます。

しかし、タバコを開ける工夫の幅が少ない為ソフトパックの様にライターでフィルムを炙る開け方や銀紙に込められたジンクスもありません。タバコの開け方にこだわりがない方はボックスタイプを使ってみるのも良いかもしれませんね。

タバコのボックスタイプのメリット③:タバコが潰れない

最後にご紹介するタバコのボックスタイプのメリット3個目は「タバコが潰れない」です!ボックスタイプはソフトパックよりも箱が非常に固い為、外の衝撃や圧力からタバコを守ってくれます。

さらに「タバコのボックスタイプのメリット①:乾燥などの影響を受けにくい」の項目の通り、タバコの密閉度も非常に高い事から乾燥などの影響を受けにくい上、タバコ葉が散らばる事はほとんどないです。

タバコのソフトとボックスのかっこいい開け方・銀紙の開け方まとめ

ドクターベイプ2

今回は、タバコのソフトパックとボックスタイプのかっこいい開け方や銀紙の開け方を解説してきました!ソフトパックとボックスタイプの開け方には、ライターでフィルムを炙る開け方や銀紙を取らない開け方などがありましたね。

また、ソフトパックとボックスタイプの違いでは、タバコの中身は同じなのにパッケージの密閉度の特徴により保存状態が変わって味に差が出る事が分かりました。

そして、タバコのソフトパックとボックスタイプの箱には、箱が占めるスペースが無くなるメリットやタバコの質が保ちやすいメリット等もあります。是非、本記事を参考にしてソフトパックとボックスタイプからパッケージを選んでみて下さい。

また、保存状態を気にすることなく変わらない味わいを楽しみたい方にはDR.VAPE Model 2(ドクターベイプモデル2)もおすすめです。開閉に手間をかけずに美味しさが続くドクターベイプモデル2、興味のある方は是非公式サイト をチェックしてみましょう。

この記事を書いた専門家
アバター画像
伊藤さくら
以前、出版社で編集者として活動していた経験を活かし、タバコの文化、健康への影響、最新の研究結果などを分かりやすく解説。科学的根拠に基づいた情報とバイアスのない視点を大切にし、喫煙者と非喫煙者の両方に有益な情報をお届けします。
【書き出し】DR.VAPE2(ネオ書き出し否定)
【3連】全記事共通(チルハビットver)(DR.STICK商標否定&ノンニコ否定)
月版
編集部が100種類以上吸って厳選!
おすすめ電子タバコTOP3
【CTA】DR.VAPE(1-クライアント記事否定,2-DRS商標否定,2-JUUL商標否定)
【最安値確定】ドクターベイプ2の本体が今なら実質100円!!
ドクターベイプ2

ドクターベイプ2はコクのある濃厚なフレーバーが多くの喫煙者に愛される累計販売2,000万本の大人気VAPEです。

ニコチン・タールフリーでコスパも高く1箱でタバコ4箱分も吸える!

公式サイト特別割引中+永久保証付きなので、定価から6,470円OFFのお得な値段で手に入れてください。

\最安値はコチラ/

全ページ共通:新3連ギミック発動script/新CTAギミック発動script/wgtlogic簡略用タグ無効化script/画像拡大jqセット